バイナリーオプションの税金について

「GMOクリック証券」の『外為オプション』では100円からの小口投資で、1ペア当たり1日に236回にもおよぶ取り引き機会の提供があり、様々な分析をバックアップする『プラチナムチャート』で多くの投資家がすでに大きな利益を手にしています。これは「GMOクリック証券」での取り引きに限りませんが、バイナリーオプションで利益を得た場合、FXや株式の取引と同じように国に税金を納めなければならなくなります。

◆年間の利益が20万円以上になると課税対象に
「GMOクリック証券」の『外為オプション』で得た利益は年間で20万円を超えると課税対象となります。バイナリーオプションの税金は平成24年1月1日から申告分離課税になりました。申告分離課税の確定申告の税率は20%(所得税15%、地方税5%)となっています。

◆年間所得から経費を差し引く
確定申告の方法ですが、まずは年間に得た所得を計算します。そこから経費などを引きます。本業などでほかの所得を得ている場合はそれらを合わせた額で計算します。必要経費についてはその都度税務署などの担当職員に確認しましょう。バイナリーオプションのみでの収入にはパソコンの購入費、インターネット接続料、振込や売買にかかった手数料、セミナーなどの参加費、研究および分析のために使用した新聞などの購入費が認められることもあります。

◆損失の繰り越しは3年間有効です
申告分離課税になったことで、バイナリーオプションの利益がFXや先物などのデリバティブ取引との損失と相殺できるようになり、個人投資家たちにはかなり有利になったはずです。例を出すと、バイナリーオプションで100万円の利益をあげました。

しかし、FXでは30万円も損をしてしまいました。すると合算で年間所得は70万円になります。さらに、損失の繰り越しは3年間有効です。つまり、今年30万円の損失があり、翌年から挑戦したバイナリーオプションで100万円の利益を得ることができたとしたら、やっぱり通算で所得は70万円となるのです。

税金計算は非常にややこしいのはご存知の通りです。自営業の方などでは上記の紹介した方法に当てはまらない場合もあるでしょうし、不明な点などはお近くの税務署に問い合わせて確認してください。

100円から始められて最短10分後には2倍の利益を獲得できる!

ページ上部に戻る