高機能相場分析ツールのプラチナチャートを使って勝率を高める

「GMOクリック証券」の『外為オプション』では契約した投資家のバイナリーオプション取引を強力にバックアップする高機能なツール『プラチナチャート』を用意しています。バイナリーオプションは簡単に言ってしまえば上がるか下がるかを予測する単純明快なオプション取引ですが、単純だからこそ奥が深く、また、漠然と投資をするだけでは大切な資金を失ってしまいます。

そのため、様々な手法を駆使しての分析や予測は不可欠なのです。その際にこの『プラチナチャート』が大いに役に立ちます。

◆カスタマイズが自在で豊富な描画オブジェクトや最大16分割ウィンドウにも対応!
「GMOクリック証券」の『プラチナチャート』が便利なポイントはいくつかありますが、まずはレイアウトが自由に変えられるところが大きな魅力です。人それぞれに見やすい配置や必要な情報は違うと思います。このニーズに応え、『プラチナチャート』の中身は自由に変更できるようになっています。

そして、様々な手法による分析に必要な指標も多数揃っています。その数はなんと38種類。これだけのテクニカル指標があれば、顧客が必要とするほとんどの指標は網羅しているといえるでしょう。

「GMOクリック証券」の『プラチナチャート』で使用できる指標は、トレンド系で「単純移動平均」、「ボンリンジャーバンド」、「高低線(HLバンド)」、「移動平均線/実線乖離率」、「平均足」、「カギ足」、「ジグザグチャート」、「バランス・オブ・パワー」など20種類におよびます。オシレーター系では「MACD」、「ACオシレーター」、「ベアパワー」、「ストキャスティクス」、「サイコロジカルライン」など18種類があります。

さらに描画オブジェクトも25種類もあり、投資家の高度な分析をサポートしていきます。『プラチナチャート』にある描画オブジェクトの種類は「ホリゾンタルライン」、「バーティカルライン」、「トレンドライン」、「トライアングル」、「サークル」、「ギャンライン」などがあります。

ほかにも最大で16分割して多数のトレンドを一目で観察できる機能や「全通貨ペア」、「日経平均」、「ニューヨーク・ダウ」などから選択して、1枚のチャートで値動きの相関関係を計るツールも用意されています。分析に大いに関係ある常時配信されるニュースも時系列の一覧のほかチャート上で見られるようになっているので、スピーディーに情報収集が可能です。

「GMOクリック証券」の『プラチナチャート』はこのように多機能で、一度使うと他社のテクニカルチャートのサービスでは物足りなくなるかもしれません。

100円から始められて最短10分後には2倍の利益を獲得できる!

ページ上部に戻る